レシピ

レシピ

2021年08月01日 16時34分

通販でお取り寄せ!産地直送のヒラ!レシピ5選!

通販サイト、漁師さん直送市場を利用して

岡山県の邦美丸さんから送っていただいた鮮魚セットの中に「ヒラ」という魚がありました。

 

「ヒラ」は初めて出会う魚でした。

 

形は平たく、ウロコはキラキラと銀色に輝くヒラ。

 

見た目はニシンに似ています。

 

調べてみると、ヒラは70cmのサイズになることもあるニシン目ニシン科ヒラ属の魚でした。

 

全国的には知名度は低いですが、岡山県では古くから愛されてきた魚であり、瀬戸内海や有明海周辺の一部地域でも食用として重宝されてきました。

 

長年愛される秘密は、ヒラの味の美味しさです。

 

しかしヒラが全国的に広がらない理由は、ヒラはハモのように小骨が多いことからです。

 

ヒラは小骨をハモの骨切りのように細かく切ってから食べる、ひと手間かかる魚であり、そのひと手間をかけてでも食べたい美味しい魚なのです。

 

岡山県内以外ではなかなか出会うことができないヒラに出会えることも、産地直送の魅力です。

 

 

通販でお取り寄せ!産地直送のヒラ

ヒラはニシンに似ていますが、体調は70cmにも成長する大型の魚で、西日本で多く漁獲されます。

 

岡山県で古くから親しまれている魚であり、岡山県ではスーパーや百貨店で日常的に売られているそうです。

 

ニシンやイワシに近い青魚の身質と味わいを持っており、透き通る身には上品な旨味があります。

 

古くから岡山県で言われている「ヒラの味、小骨なければ献上魚」という言葉の通り、小骨がなければお殿様への献上魚にもなるぐらいの味わいをヒラは持っています。

 

小骨が多いと言いますが、どれほど多いかと言うと、ニシンやコノシロよりも多く感じました。

 

皮のすぐ下まで骨があり、一本ずつ中骨を取ろうとしたり、中骨に沿って切り分け、骨を取り出そうとしても途中から断念するほど多かったです。

 

ただ、骨は細く軟らかいので、包丁で骨切りをする際は、ハモよりも苦労なくできました。

 

 

通販でお取り寄せ!産地直送のヒラのレシピ

 

ヒラは兎にも角にも「骨」を意識して調理することがポイントです。

 

お刺身にする際は、薄く薄く、できるだけ薄く細く切っていきます。

 

お刺身以外の塩焼き、煮付けなどの調理の際には、まず身に1㎜間隔で切り込みを入れて骨切りをしていきます。

 

通販でお取り寄せ!産地直送のヒラのレシピ1.お刺身

 

ヒラを2枚おろしにします。

 

ウロコは大きく、取りやすいです。

 

2枚おろしにした背骨が付いている方は、塩焼きや煮付けに使うと良いです。

 

何故なら、骨切りの際に包丁を下に入れすぎる心配をする必要がなく、背骨に当たるまで包丁を入れると切り目を入れやすいからです。

 

お刺身に使う、背骨が付いていない方の身は皮を引き、できるだけ薄く、細く身を切っていきます。

 

薄く切ってお皿に盛り付けると、透き通った白身がとても綺麗です。

 

上品なヒラのお刺身にはショウガ醤油がよく合います。

 

通販でお取り寄せ!産地直送のヒラのレシピ2.塩焼き

 

<作り方>

 

①ヒラを2枚おろしにして背骨が付いた身に、皮側から1㎜間隔で切り込みを入れ、お好みの大きさに切り分けます。

 

②塩を振って1時間ほど置き、出てきた水分をキッチンペーパーで優しく拭き取り、魚グリルで皮目を上にして焼き、完成です。

 

細かく切り目が入った皮は、香ばしくパリッと焼きあがり、皮も身も美味しいです。

 

通販でお取り寄せ!産地直送のヒラのレシピ3.煮付け

 

<作り方>

 

①ヒラを2枚おろしにして背骨が付いた身に、皮側から1㎜間隔で切り込みを入れ、お好みの大きさに切り分けます。

 

②切り身の上から熱湯を回しかけ、水で洗い、水分をよく切ります。

 

③鍋にあればショウガと、水:砂糖:醤油:みりん:酒=2:2:2:1:1の割合で入れて煮立て、②のヒラを皮目を上にして入れます。

 

④時々切り身の上から煮汁をかけて、6分~8分ほど煮て完成です。

 

通販でお取り寄せ!産地直送のヒラのレシピ4.酢漬け

 

岡山県の郷土料理である「ばら寿司」で使われるヒラの酢漬け。

 

岡山県では昔からヒラを酢漬けにして食べる文化が根付いているそうです。

 

酢に漬けることで骨が柔らかくなり、青魚の旨味がサッパリとしたお酢の味によく合います。

 

<作り方>

 

①ヒラの皮を引き、お刺身と同じように薄く切り、容器に入れます。

 

②容器に入れたヒラの切り身に軽く塩を振り、手で揉みこんで2時間冷蔵庫に置いておきます。

 

③時間が経ちましたら、その上から酢:砂糖=2:1で、ヒラの身がヒタヒタに浸かるまで入れます。

 

④冷蔵庫にて更に冷やして、完成です。

 

通販でお取り寄せ!産地直送のヒラのレシピ5.幽庵焼き

 

クセや臭みのないヒラは、シンプルな塩焼きでも十分美味しいですが、味を付けて焼いても美味しいです。

 

<作り方>

 

①ヒラを2枚おろしにして背骨が付いた身に、皮側から1㎜間隔で切り込みを入れ、お好みの大きさに切り分けます。

 

②ジップロップなど保存袋にヒラの切り身を入れ、醤油:みりん:酒=1:1:1の分量を入れて半日漬け込みます。

 

③半日以上たちましたら、キッチンペーパーで表面の漬けダレを拭き取り、焦げないように弱火でじっくり焼いて完成です。

 

 

まとめ

 

初めての魚、ヒラに出会えて嬉しかったです。

 

骨の多さには驚きましたが、透明感がある白身にはクセがなく、アジのようにしっかりとした青魚の旨味がありながらも、サッパリとした上品な味わいがありました。

 

「小骨がなければ献上魚」とヒラが言われてきた理由が分かり、ヒラを堪能することができました。

 

邦美丸さん、ありがとうございました。

 

フェイスブック

ツイッター

漁師さん出荷予定

THANK YOU! 漁師さん直送市場はプロの料理人も使用中です業務用会員数300店舗突破!出荷実績3,000件を突破! ありがとうございます

24時間受付/無料 会員登録はこちら→

今なら登録特典として
「季節のおすすめ魚介類 無料レポート」プレゼント中!

漁師さん直送市場の表示価格は全品税込・送料込の価格です