レシピ

レシピ

2021年04月25日 14時29分

通販でお取り寄せ!スズキのレシピ7選!

漁師さん直送市場の産直通販を利用して、
愛媛県の氏政丸さんから送っていただいた鮮魚セットの中に、スズキがありました。

 

スズキは成長と共に名前が変わる出世魚です。

 

地方によって呼び名は様々に異なりますが、大きく分けて、コッパ→セイゴ→フッコ・ハネ→スズキと呼ばれています。

 

スズキは透明感のある美しい白身で、刺身や寿司、塩焼きのような和風料理の美味しさはもちろん、ムニエルやカルパッチョ、フライといった洋風料理も美味しいので、一般家庭でも使い勝手がとても良いお魚です。

 

また、骨からも良い出汁が取れ、分厚く硬いですが皮もまた風味があり美味しいので、余すことなく味わうことができます。

 

 

産地直送の通販で!新鮮なスズキのレシピ

スズキは皮や胃袋、浮袋、白子(精巣)、卵、骨とすべてを味わうことができる魚です。

 

スズキの身は、京都や大阪で昔から「洗い」と言われてきた食べ方が有名です。

 

洗いは、スズキのお刺身を冷水に入れ、身が半透明に白くなりましたら引き揚げて食べる食べ方です。

 

洗わない普通のお刺身で食べるスズキと、比べてみる楽しさもあります。

 

皮と白子はさっと湯引いて冷水にとります。

 

浮袋と胃袋は1分ほど煮てから冷水にとります。

 

胃袋と皮はポン酢で食べると美味しいです。

 

浮袋と白子は、刺身や洗いと一緒に刺身醤油で。

 

卵は煮つけにしても美味しいです。

 

骨からは良い出汁がでるので是非お吸い物を作ってみてください。

 

揚げ物は、スズキの切り身に軽く塩をふって20分ほど置き、余分な水分と臭みをキッチンペーパーでふき取り、唐揚げや天ぷらにします。

 

白くふっくらとした身がとても美味しいです。

 

 

1.スズキのレシピ~スズキの洗い~

 

①3枚おろしにしたスズキの皮を引きます。

 

②スズキの中骨はピンセットなどでも抜き取りにくいため、中骨をはさんだ上下で身を切り分けて、骨を取り除きます。

 

③お刺身のように切っていきますが、あまり薄い切り身にしない方が洗いの美味しさを味わえます。

 

④切った切り身を、よく冷えた氷水に入れて急速に冷やします。

 

⑤身が半透明になり白っぽくなれば完成です。水気を切って、器に盛り付けます。

 

しっとりとしたスズキのお刺身に比べて、洗いはコリコリとした食感を楽しめます。

 

 

2.スズキのレシピ~スズキの皮の湯引き~

 

お刺身や洗いのために引いた皮も美味しくいただけます。

 

コリコリとした弾力と、旨味ある風味が美味しいです。

 

<皮の湯引き>

 

①引いた皮を熱湯で10秒から20秒ほど茹でて、冷水にさらします。

 

②キッチンペーパーなどで水気を拭き取り、食べやすい大きさに刻んで器に盛り付けます。

 

③上から刻みネギとポン酢をかけて、完成です。

 

 

3.スズキのレシピ~スズキの塩焼き~

 

①スズキのウロコや内臓を取り、水で良く洗って水分を拭き取ります。

 

②少し多めかなと思う量の塩を、高さ30cmほどから両面に満遍なくふりかけ、20分ほど置き、出てきた水分を優しくキッチンペーパーで拭き取ります。

 

③あらかじめ2分ほど魚グリルに強火で火をつけて網を温めておきます。そうすることで、魚の身が網にくっつくことを防げます。

 

④魚グリルが両面焼きの場合は、お皿に盛り付ける時に上を向く皮目を上にして中火で焼きます。片面焼の場合は、先に皮目を下にして中火で焼き、途中で裏返します。

 

⑤両面に焼き目がつきましたら完成です。

 

スズキの塩焼きは、しっとりふっくらとした舌触りで、とても美味しいです。

 

 

4.スズキのカルパッチョレシピ

 

スズキを薄くスライスし、皿に敷き詰め、塩コショウを振ってオリーブ油を上から回しかけます。更に上からレモンやカボスを絞り、完成です。

 

トマトやハーブなどを上に乗せると彩り豊かな一品になります。

 

時間がない場合は手作りではなく、お好みの市販のドレッシングをかけるだけでも美味しくいただけます。

 

 

5.スズキのムニエルレシピ

 

皮目をじっくり焼き、皮をパリッとさせると美味しく頂けます。

 

①スズキの切り身の両面に塩コショウを振り、周りに小麦粉を満遍なく付けます。

 

②フライパンにバター大さじ2を入れ、中火にかけます。

 

③スズキの皮目を下にして、時々ヘラで皮目がフライパンに付くように軽く押さえて中火で焼きます。

 

④切り身の周りが白くなってきて8割がた焼けましたらひっくり返し、バター大さじ1を更に足して1分ほど焼いてお皿に取り出し、お好みでレモン汁をかけて完成です。

 

 

6.スズキのレシピ~スズキのポアレ~

 

皮目をじっくり焼いてパリッとさせると美味しく頂けます。

 

<材料>2人分

 

白身魚 2切れ

 

オリーブオイル 大さじ2

 

塩コショウ 少々

 

A:しょうゆ 小さじ1

 

A:酒 小さじ1

 

A:みりん 小さじ2

 

A:バター 小さじ1

 

<作り方>

 

①皮付きのスズキの切り身裏表に、塩コショウをまぶします。

 

②フライパンにオリーブオイルをひき、皮目を下にして焼きます。フライ返しで上から時々スズキを抑え、皮目がパリッとするように焼きます。

 

③切り身の周りが白くなってきて8割がた焼けましたらひっくり返し、全体に火が通りましたらお皿に取り出します。

④残ったフライパンに、Aを入れて煮立て、スズキにかけて完成です。

 

7.スズキのレシピ~レンジで簡単!蒸しスズキ~

 

<材料>2人分

 

スズキの切り身 2切れ

 

A:砂糖 小さじ1/2

 

A:しょうゆ 大さじ1

 

A:酢 大さじ1

 

A:ごま油 大さじ1

 

<作り方>

 

①耐熱のお皿にスズキ2切れを入れ、塩小さじ1/8と酒大さじ1を上からかけ、ラップをして電子レンジで3~4分(500W)加熱します。

 

②その間に青ネギ1本を小口切りにします。

 

③Aを深めの器に混ぜ、スズキのレンジ加熱が終わったらレンジで1分加熱します。

 

④スズキを器に盛り付け、加熱が終わった③を回しかけます。上に②の青ネギをちらして、完成!

 

簡単に美味しいスズキの蒸し料理を味わえます。

 

フェイスブック

ツイッター

漁師さん出荷予定

THANK YOU! 漁師さん直送市場はプロの料理人も使用中です業務用会員数300店舗突破!出荷実績3,000件を突破! ありがとうございます

24時間受付/無料 会員登録はこちら→

今なら登録特典として
「季節のおすすめ魚介類 無料レポート」プレゼント中!

漁師さん直送市場の表示価格は全品税込・送料込の価格です