レシピ


漁師直送の新鮮な魚を産直通販で。魚介・お魚ギフトのレシピ


魚のレシピ

秋鮭 ウツボ カレイ タチウオ ニベ
カイワリ イサキ トキシラズ スズキ クロダイ
ヒラメ イトヨリ ホウボウ ミシマオコゼ アマダイ
レンコダイ ハガツオ ナガツカ ヒラメ ヒラスズキ
イシダイ クエ ヒラマサ カンパチ ウスバハギ
サワラ イボダイ アカハタ シマアジ トラギス
桜鯛 アカハゼ ヒラソウダガツオ ハマチ アイナメ
ドンコ フサギンポ コショウダイ オキアジ マアジ
アンコウ ウルメイワシ コブダイ トビウオ マナガツオ
メバル マイワシ ウマヅラハギ ヒメジ ホテイウオ(ゴッコ)
アカガレイ エソ アカシタビラメ ガンゾウビラメ アカシタビラメ
ノロゲンゲ マトウダイ クロホシフエダイ ハマフエフキ ニベ
ホッケ コロダイ ムロアジ オオモンハタ(ノミアラ) オコゼ サクラマス

イカ・タコのレシピ

コウイカ ミミイカ ベイカ ヤリイカ

エビ・カニのレシピ

アサヒガニ 伊勢海老 紅ズワイガニ ワタリガニ シラサエビ
足赤えび ズワイガニ 甘エビ セコガニ ヒラツメガニ
ワタリガニ 松川エビ(ヨシエビ 毛ガニ

貝類のレシピ

ホタテ イワガキ サザエ 蒸し牡蠣 海鮮アヒージョ
牡蠣 ハマグリ アワビ 瀬戸貝 ヒオウギ貝
トコブシ ミヤコボラ貝 ヒオウギ貝 板ウニ 牡蠣(むき身) カキ小町 赤貝 カンカン焼きカキ小町

海藻のレシピ

アカモク


漁師直送の鮮魚通販。魚介・海鮮ギフトの豆知識


魚介類・おすすめギフトの特集

海鮮ギフトプレゼント10選 母の日 人気の海鮮ギフト 海鮮ギフト(2021年お歳暮)

鮮魚・海鮮の豆知識

チダイ キダイ カナガシラ マトウダイ アマダイ
ブリとヒラマサの違い

イカ・タコの豆知識

アオリイカ ホタルイカ姿干し

貝類の豆知識

ホタテ 牡蠣 海鮮 牡蠣のカンカン焼き サザエ カキフライ

エビ・カニの豆知識

ゾウリエビ ズワイガニ

生産者さんに関する記事

くろべ漁協 有福水産 七福丸 飛龍丸

処理に関する記事

魚の旨味を引き出す方法 魚の熟成方法


最新の記事

カテゴリー

過去の記事

定期便

レシピ

サルエビの通販!産地直送でお取り寄せ!おすすめレシピ6選も!

産地直送の通販サイト、漁師さん直送市場を利用して、

山口県の七福丸さんから、[サルエビ]の単品商品を送っていただきました。

 

サルエビは大きくても体長12cmほどの小ぶりのエビです。

 

鮮度が良いとお刺身で食べることもできます。

 

届いた箱を開けると、サルエビがギッシリと詰まっていました。

 

水揚げの翌日に産地直送で届いたサルエビは新鮮で、お刺身で食べることもできます。

 

たくさんのサルエビを、お刺身や、塩茹で、煮付け、天ぷらにとさまざまなお料理で堪能させていただきました。

 

この度は、サルエビについてと、レシピについてご紹介していきます。

 

サルエビを発送してくださる山口県の七福丸さんについてはこちらです。

 

 

【産地直送】通販でお取り寄せ!サルエビとは!

サルエビは、クルマエビ科サルエビ属のエビです。

 

別名で太エビやクマエビとも呼ばれています。

 

寿命は一年ほどと短く、大きくても12cmほどにしかなりません。

 

加熱前は赤みが少ないですが、茹でると赤く色づきます。

 

生で食べると、プリプリの身というよりはしっとりとした身であり、甘味は少ないですが、旨みがあります。

 

鮮度が落ちると頭が黒ずんでくるため、お刺身にする際は、頭が黒ずんでいないエビを選んでください。

 

一般的には塩茹でや天ぷらで食べられることが多いそうです。

 

頭に入っている味噌も美味しいので、素焼きや揚げ物にして頭ごと味わってみてください。

 

良い出汁も出るため、産地では出汁をとる干しエビや、エビせんべいの原料にと重宝されています。

 

 

【産地直送】通販でお取り寄せ!サルエビのおすすめレシピ6選!

【産地直送】通販でお取り寄せ!サルエビの下処理

エビには背ワタがあるため、調理する前に背ワタを取る必要があります。

 

爪楊枝を背中に刺し、爪楊枝をすくい上げると背ワタが出てきます。

 

殻ごと調理する際も、胴体の殻の隙間から爪楊枝を入れて背ワタを取り出します。

 

 

【産地直送】通販でお取り寄せ!サルエビのレシピ1.お刺身

甘えびのような大きさですが、甘みは甘えびほどはありません。

 

しかしみずみずしい旨味と、柔らかなプリッとした食感を楽しむことができます。

 

作り方は、サルエビをサッと水洗いした後、殻を剥き、背ワタを取って完成です。

 

甘えびには敵いませんが、サルエビならではの旨みとほのかな甘みがあり、美味しかったです。

 

 

【産地直送】通販でお取り寄せ!サルエビのレシピ2.グリル焼き

殻を剥かずに焼くので調理がとても簡単です。

 

<作り方>

 

①水洗いしたサルエビの殻の隙間から爪楊枝を刺して背ワタを取り、触覚を取ります。

 

②水分をきってから、塩を全体に振ります。(魚の塩焼きぐらいの量)

 

③魚グリルに入れて強火で焼き上げ、焼き目が付きましたら完成です。

 

頭や殻は固いため剥いていただきます。

 

長時間焼き過ぎると身の水分がなくなる為、短時間で焼き上げることがポイントです。

 

 

【産地直送】通販でお取り寄せ!サルエビのレシピ3.塩茹で

茹ですぎると身が縮むため、短時間でサッと茹でることがポイントです。

 

<作り方>

 

①水洗いしたサルエビの殻を剥き、背ワタを取ります。

 

②お鍋に1Lのお湯を沸かし、小さじ2の塩を入れ、①を入れます。

 

③再沸騰しましたら火を止め、ザルにあげてそのまま置き、余熱で火を通します。

 

そのまま食べても塩味が付いていて美味しいです。

 

マヨネーズをつけても◎

 

茹でて冷凍しておくと、チャーハンに入れたり、グラタンに入れたりと便利に使うことができます。

 

 

【産地直送】通販でお取り寄せ!サルエビのレシピ4.煮付け

<作り方>

 

①水洗いしたサルエビの殻を剥き、背ワタを取ります。

 

②鍋に水、みりん、酒、醤油、砂糖を同量入れ(大さじ1ずつなど)、沸騰しましたら①を入れます。

 

③再沸騰しましたらエビだけ器に取り出し、煮汁を焦げないように軽く煮詰め、器の上からかけます。

 

④しばらく煮汁に浸して完成です。

 

ご飯が進む美味しさでした!

 

 

【産地直送】通販でお取り寄せ!サルエビのレシピ5.素揚げ

<作り方>

 

①水洗いしたサルエビの触覚と、背ワタを殻の隙間から取り、キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取ります。

 

②低温の油を用意し、①を入れ、じっくりと5分以上揚げます。

 

③最後に少し高温にしてカラッと揚げましたら完成です。

 

じっくり上げることで、頭や殻まで食べることができます。

 

塩などの味付けをしなくても、殻が香ばしく、身は甘く美味しいです。

 

 

【産地直送】通販でお取り寄せ!サルエビのレシピ6.かき揚げ

天ぷらにしようと思いましたが、頭をとるとあまりに小さいので、かき揚げにしました。

 

硬いものをバリバリと食べられる方は、かき揚げにする際は頭ごと揚げても良いかと思います。

 

<作り方>

 

①水洗いしたサルエビの頭を取って、背ワタを殻の隙間から取り、キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取り、ボウルに入れます。

 

②人参やタマネギなど、お好みの具材を細切りにし、①のボウルに入れます。

 

③ボウルに小麦粉と片栗粉同量を振りかけ、全体に絡めます。

 

④冷水を少しずつ回しかけ、具材同士がくっつくまで水を入れて軽く混ぜます。

 

⑤170度~180度の油を用意し、かき揚げにしたい大きさの量の④をヘラに乗せ、油に滑り入れます。

 

⑥すぐに箸で触らず、片面が色づいてきましたら裏返し、全体がカラッと揚がりましたら完成です。

 

人参やタマネギの甘さに、サルエビの香ばしさや甘みが加わり、とても美味しいかき揚げになりました。

 

 

【産地直送】通販でお取り寄せ!サルエビの感想!

 

たくさんのサルエビは、お刺身に、塩焼きに、塩茹で、煮付け、揚げ物にとさまざまな料理で味わうことができました。

 

また、残った頭などの殻も冷凍して、次回のかき揚げに使ったり、出汁をとることができるのでありがたいです。

 

ただ、サイズが小さく、数が多いので、殻を剥いたり、背ワタを取る作業が大変でもありました。

 

エビ好きの方にはそれもまたワクワクする作業になるかもしれません。

 

エビ尽くしの夕食を食べられて大満足の宴となりました。

 

七福丸さん、ありがとうございました。

 

サルエビを発送してくださる山口県の七福丸さんについてはこちらです。

 

フェイスブック

ツイッター

漁師さん出荷予定

THANK YOU! 漁師さん直送市場はプロの料理人も使用中です業務用会員数300店舗突破!出荷実績3,000件を突破! ありがとうございます

24時間受付/無料 会員登録はこちら→

今なら登録特典として
「季節のおすすめ魚介類 無料レポート」プレゼント中!

漁師さん直送市場の表示価格は全品税込・送料込の価格です