レシピ

レシピ

2021年04月04日 13時49分

通販でお取り寄せ!甲イカ(コウイカ)のレシピ7選!

漁師さん直送市場の産直通販を利用して、
和歌山県の金栄丸はまかぜ通信さんから、「甲イカ(コウイカ)」を送って頂きました。

 

コウイカとは、胴に石灰質の硬い甲(コウ)を持つイカです。

 

コウイカは関東ではスミイカ、西日本ではハリイカとも呼ばれています。

 

コウイカは寿司のネタとしても非常に重要なもので、アオリイカと並ぶ高級イカとなっています。

 

生でいただくお刺身やお寿司はとても美味しく、強い甘味とコリコリとした食感は、どんなお料理でも美味しくいただくことができます。

 

 

通販で買える産地直送のコウイカ

 

コウイカは、コウイカ目コウイカ科に分類されているイカです。

 

スルメイカやケンサキイカなどのツツイカ目とは別のグループに属しています。

 

関東では「スミイカ」とも呼ばれます。

 

その理由は、コウイカの吐く墨が、イカの中では最も濃く、墨の風味が非常に良いからです。

 

ですので、コウイカの墨は、イタリア料理のリゾットやパスタにもよく使われています。

 

コウイカの墨の量は多いので、コウイカ1杯で約3人前のイカ墨パスタができます。

 

イカの墨には、ガン細胞の増殖を防ぐ成分が含まれていることが発見されていますので、健康にも嬉しいです。

 

 

コウイカのレシピ

 

コウイカの身は肉厚で、なめらかでありながらもコリコリとした歯ごたえがあり、噛むほどに上品な甘さが感じられて、とても美味しいです。

 

また、熱を通してもあまり硬くならないので、加熱料理にも向いています。

 

~コウイカの捌き方のポイント~

 

コウイカを適当に捌くと、墨袋を破り、大量の墨が出てくることになりますので、気を付ける必要があります。

 

①コウイカを捌くときは、まずは甲の皮目に切り込みを入れ、固い甲を取り出します。

 

②目の下あたりをつかみ、上に持ち上げるようにしながら反対側に引っ張ると、墨袋を破かずに内蔵と頭がキレイに取ることができます。

 

③コウイカを良く洗います。

 

④コウイカの胴体の外皮を取ります。

 

加熱料理をする際は、このままお好みの大きさに切って調理をします。

 

お刺身やお寿司にする際は、内皮も取ります。

 

 

1.コウイカのレシピ~お刺身~

 

コウイカは純白で肉厚な身をしており、コウイカのお刺身は食感、旨味共に絶品です。

 

内臓を取ったコウイカの、外皮も内皮もはぎとります。

 

そうめんのように細く切ったり、細かく切り目を入れていただきます。

 

ねっとりとしながらも、コリコリとした食感。

 

強い甘味が美味しいです。

 

寄生虫のアニサキスについて、記事の一番下に注意事項を書いておりますので、必ずご覧ください。

 

 

2.コウイカのレシピ~コウイカの湯引き~

 

内臓と外皮を取ったコウイカを、湯通ししていただきます。

 

湯引きすることで、ねっとりとした食感は薄くなりますが、甘味と旨味が引き立ちます。

 

また、熱を通すことで寄生虫対策としても安心です。

 

茹でたコウイカに、ワサビ醤油やショウガ醤油、マヨネーズ醤油などを付けていただくと、とても美味しいです。

 

 

3.コウイカのレシピ~焼きコウイカ~

 

肉厚のコウイカは、鉄板や網で焼いても美味しいです。

 

<おススメの味付け>

 

〇塩焼き

 

〇醤油・みりん・砂糖で甘辛焼き

 

〇バターで焼いて塩コショウ

 

〇オリーブオイルとニンニクで焼いて塩コショウ

 

 

4.コウイカのレシピ~コウイカのアヒージョ

 

オリーブオイルとニンニクで炒めるように煮込むおしゃれな料理です。

 

<作り方>

 

①内臓と外皮を取ったコウイカを、一口大に切ります。

 

②フライパンにオリーブオイルを多めに入れ、そこにみじん切りにしたニンニクを入れて熱します。

 

③ニンニクの香りが出てきましたら、水気をしっかりとふき取ったコウイカを入れて焼き、塩コショウをして完成です。

 

お好みでエリンギなどのキノコ類や、トマトなど、野菜を入れても美味しいです。

 

 

5.コウイカのレシピ~コウイカの天ぷら~

 

コウイカの天ぷらは、江戸前天ぷらの代表的な種の1つと言われています。

 

<作り方>

 

①内臓と外皮を取ったコウイカを、お好みの大きさに切り、表面に格子状など、切り込みを入れます。

 

②コウイカの水分をよく拭き取り、小麦粉をまぶします。

 

③天ぷら液を付けて、高温でできるだけ短時間で揚げ、完成です。

 

サクサクの衣と、しっとりコリコリとした甘いコウイカが良く合います。

 

コウイカの足(げそ)も一緒に天ぷらにすると美味しいです。

 

 

6.コウイカのレシピ~コウイカの煮もの~

 

コウイカは、煮付けても身が固くなりにくいです。

 

コウイカの足(げそ)や、野菜も一緒に煮ると美味しいです。

 

<材料>

 

コウイカ 1~2杯

 

A:醤油 大さじ4

 

A:砂糖 大さじ3

 

A:みりん 大さじ1

 

A:酒 大さじ1

 

<作り方>

 

①内臓と外皮を取ったコウイカとゲソを、お好みの大きさに切り、水気を拭き取ります。

 

②鍋にAを煮立たせ、イカを入れ、全体にタレが絡むように一度混ぜます。

 

③アルミホイルで落とし蓋をして中火で3分煮て、火を止めてしばらく置いておき、完成です。

 

イカから水分が出るので、煮汁に水を入れなくても大丈夫です。

 

 

7.コウイカのレシピ~イカスミ~

 

イタリア料理でお馴染みの、イカスミパスタやイカスミリゾット。

 

コウイカの墨は、量や質共に、イカスミ料理に最適です。

 

<イカスミソースの材料>2人分

 

オリーブオイル 大さじ2
ニンニク ひとかけ
玉ねぎ 1/4
コウイカの身 お好みの量
コウイカのスミ袋 1杯分
ホールトマト缶 200
白ワイン 50㏄
コンソメ 1個

<イカスミソースの作り方>

 

①フライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたニンニクを入れ、弱火にかけます。

 

②ニンニクの香りが出てきましたら、みじん切りにしたタマネギを加え、タマネギが透明になるまで炒めます。

 

③白ワインを注ぎ、アルコールと酸味が飛ぶまで煮詰めた後、ホールトマト缶とコンソメを加えて煮込みます。

 

④仕上げに墨袋からイカスミをしごき出して加え、10分程煮込み、塩コショウで味を調えて完成です。

 

こちらのイカスミソースにパスタを加えてイカスミパスタに。

 

ご飯を加えてイカスミリゾットに。

 

コウイカの身を炒めて具として組み合わせると、更に美味しいです。

 

 

イカを生で食べる時の注意点

 

イカには、アニサキスという寄生虫がいる可能性が高いです。

 

新鮮なコウイカはそのままお刺身で食べたいところですが、寄生虫にあたると大変です。

 

アニサキスはとても小さい寄生虫なので、お刺身でイカを食べる時はできるだけ薄く、細く切るか、細かく切り込みをいれてください。

 

アニサキスは体の一部でも傷つくと死ぬと言われています。

 

イカのお刺身を最後にライトに透かしてみると、小さい糸のようなアニサキスを見つけることができます。

 

それでもアニサキスを見逃すことがあります。

 

完全な予防としては、熱処理と冷凍処理が挙げられます。

 

・熱処理

 

アニサキスは熱に弱く、60℃以上の高熱で最低でも1分以上加熱することでアニサキスを死滅させることができます。

 

・冷凍処理

 

冷凍処理でもアニサキスを死滅させることが可能です。

 

家庭用の冷凍庫では、48時間から72時間の冷凍が望ましいです。

 

イカは冷凍して解凍しても、食感や味は変わらない為、安心してお刺身を食べたい場合は、一度しっかりと冷凍してから解凍し、お刺身で食べることをおススメします。

 

フェイスブック

ツイッター

漁師さん出荷予定

THANK YOU! 漁師さん直送市場はプロの料理人も使用中です業務用会員数300店舗突破!出荷実績3,000件を突破! ありがとうございます

24時間受付/無料 会員登録はこちら→

今なら登録特典として
「季節のおすすめ魚介類 無料レポート」プレゼント中!

漁師さん直送市場の表示価格は全品税込・送料込の価格です