豆知識

豆知識

2020年06月28日 11時47分

三重県俊丸さんのご紹介~志摩産の絶品トコブシ~

漁師さん直送市場の産直通販にて、

三重県の俊丸さんよりトコブシを頂きました。

 

トコブシはアワビの仲間であり、サイズが6cm程という、さながらアワビの子どものような貝です。

 

サイズが小さい以外は、姿形もアワビとよく似ています。

 

歯ごたえもモチモチ、プリプリとしておりアワビと似ていますが、サイズが小さいぶん噛み切れない程の弾力ではなく程良い歯ごたえが特徴です。

 

そのような美味しいトコブシを、三重県の俊丸さん海女漁で獲ってくださいました。

 

 

漁師さん直送市場の三重県俊丸さん

海女(あま)漁が盛んな三重県志摩市。

俊丸さんは、三重県志摩市波切を中心に、海女漁貝突き漁にて漁を行っています。

 

漁師 松井俊也さんの声

 

小型船を使い、海女漁、貝突き漁をメインに夫婦で日々取り組んでおります。夫婦2人の小規模の漁ですが、できるだけご希望に添えるよう努力しております。

 

海女漁・貝突き漁とは

 

海女漁

 

海女(あま)とは、海に潜って貝類や海藻を採集する女性のことを表します。

 

鳥羽・志摩の海女漁については、『万葉集』に記述があるほど昔から続く伝統的な漁法です。

 

 

現在ダイビング器材を使用せずに、素潜りで海女漁が行われているのは、世界中で日本と韓国のみだそうです。

 

しかし現在、日本の海女漁は海女の高齢化と後継者不足によって危機に瀕しています。

 

昭和40年代、志摩半島には3,000人近い海女さんがいましたが、今では700人ほどに減少しており、平均年齢はもうすぐ70歳になるそうです。このままでは海女は10年もしないうちに、5,000年を越える歴史の幕を閉じて消滅する可能性があるとも言われています。

 

参照:海洋政策研究HP

https://www.spf.org/opri/newsletter/415_3.html

 

俊丸さんの海女漁

 

海女漁は2月1日から9月14日までという操業期間や時間、採取できるサイズなど様々な規制があり、そのルールを守って夫婦二人で漁をされています。

 

また天候にも左右されやすい漁法ですので、実質漁に出れる日は100日前後ほどだそうです。

 

 

貝突き漁

 

貝突き漁とは、船の上から箱メガネと言う物で海をのぞき、サザエやナマコなどを取る漁です。

 

俊丸さんの貝突き漁は11月頃から1月末まで行われ、潮の透明度が良くなってから小船の上から箱メガネで海の中を覗きサザエ、ナマコを採られています

 

俊丸さんの季節ごとに獲れる魚貝類

-アワビ・トコブシ・サザエ・バテイラ貝・ワカメ・メカブ・(ヒジキ)

-岩ガキ・アワビ・トコブシ・サザエ・バテイラ貝

-ヒジキ・(サザエ)・(バテイラ貝)

-赤ナマコ・サザエ・バテイラ貝・ヒジキ・(アワビ)・(トコブシ)

 

貝類は状況に応じて海上の生簀で活かし、活きた状態で梱包し、発送してくだいます。(到着時にすべての貝が生きているかは貝次第であり保障できません)

 

 

トコブシとは

 

トコブシはアワビと同じミミガイ科に属しているアワビの仲間の貝です。

 

アワビは高級ですが、トコブシもアワビほどではないですが高級品であり、その味は貴重なものとなっています。

 

 

姿形はアワビとほとんど変わらないのですが、大きさはアワビの子供くらいに小さく、貝殻にある穴はアワビは4~5個に対して、トコブシは6~8個と多いです。

 

 

栄養価もアワビと似ていて、免疫機能を調整し、学習力や記憶力を向上する効果があると言われているアラキドン酸や、血圧やコレステロール、血糖値を下げるタウリン等の栄養素があります。また美容に嬉しいコラーゲンとビタミンも多く含まれています。

 

 

アワビと同様に熱を通しても硬くならず、モッチリとしたプリプリの歯ごたえを楽しめます。生のお刺身で食べてもトコブシは柔らかい歯ごたえが特徴です。

 

 

トコブシのレシピ

 

トコブシのお刺身レシピ

 

トコブシはお刺身で食べても美味しいです。

 

ただ、鮮度が落ちていると当たることもあるので、生きているトコブシをお刺身にしてください。

 

 

①殻付きのトコブシを塩でもみ、流水で流して汚れを落とします。

②ステーキナイフなどを殻と身の間に差し込み、身を切り離します。

③サイズが小さいので、ワタを取ってそのままお皿に盛っても良いですし、身を何切れかに切って、殻に盛り付けても良いです。

 

アワビのお刺身はコリコリとしてかなり歯ごたえがありますが、トコブシは優しい歯ごたえです。

 

トコブシの煮付けレシピ

 

トコブシを殻のまま煮付けにします。殻から外す必要がないですし、手軽に作ることができます。

 

 

①鍋に水:砂糖:醤油:酒=2:2:2:1の割合で入れて煮立てる。

②そこに洗った殻付きトコブシを入れ、さっと煮て完成です。

 

この料理は本当にお手軽で、そしてとても美味しいです!

 

殻から外したトコブシの身を、贅沢にも一口で頬張ると、プリプリ、モチモチとした歯ごたえで、甘辛い煮汁が引き立てる旨味が口中に広がりました。

 

一度食べるとすっかりトコブシのファンになります!是非一度ご賞味下さい!

 

三重県の俊丸さん

https://umai.fish/%E6%BC%81%E5%B8%AB%E3%81%95%E3%82%93/%E4%BF%8A%E4%B8%B8

 

フェイスブック

ツイッター

漁師さん出荷予定

THANK YOU! 漁師さん直送市場はプロの料理人も使用中です業務用会員数300店舗突破!出荷実績3,000件を突破! ありがとうございます

24時間受付/無料 会員登録はこちら→

今なら登録特典として
「季節のおすすめ魚介類 無料レポート」プレゼント中!

漁師さん直送市場の表示価格は全品税込・送料込の価格です