レシピ

レシピ

2020年04月12日 11時53分

船上で注文を受付!産地直送はまかぜ通信さんの絶品黒鯛

IMG_2700

和歌山県のはまかぜ通信さんから、

 

 

「今が一番美味しくておすすめだよ」と、旬の黒鯛をいただきました。

 

 

大きくてどっしりとした影の王者の輝き。

 

 

魚の王者、真鯛にも勝るとも劣らぬ風格です。

 

 

西日本ではチヌとも呼ばれ、成長と共に名前が変わる出世魚で縁起物でもあります。

 

 

コロナによる自粛で巣ごもりが続いています。

 

しかしこんな時だからこそ、自然の恵み、漁師さんの仕事に感謝し、

 

いつもより丁寧に魚をさばき、丁寧に料理をして、丁寧にじっくりと食材を味わえるという良さがあります。

 

まずはゆっくりと包丁を研いで。

 

旬の新鮮な黒鯛を堪能させていただきました。

 

 

通販「漁師さん直送市場」の漁師さん

 

コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、政府はできるだけ在宅での仕事を推奨しています。

 

しかし在宅では不可能であり、仕事を続けることで日本国民の食生活を守ってくれている仕事の中の一つに、漁師さんの仕事があると思います。

 

漁師さんはこのような中でも海に船を出し、新鮮な国産の魚を獲ってきてくれています。

 

 

今は市場にお出かけはなかなかできませんが、パソコンやスマホを使って、通販でその新鮮な魚を購入できます。

 

漁師さん直送市場もその通販の一つです。

 

和歌山県はまかぜ通信さん

 

和歌山県のはまかぜ通信さんは、和歌山県の雑賀崎にて、小型底引き網漁をしてくださっています。

 

春の季節にはシラサ海老、カワツ海老、サゴシ、キス、黒鯛、真鯛、太刀魚など、黒潮の幸に恵まれた豊富な魚をお届けしてくださいます。

 

漁師さん直送市場のホームページにて、「いま漁に出ました」とお知らせがあり、漁に出ている船上で注文を受け付けしてくれる日本でも数少ない漁師さんです。

 

船上で注文を受け付け、帰港後すぐに梱包し郵送してくれるので、スーパーで買うお魚よりも断然鮮度が良いわけです。

 

黒鯛

 

「タイ」の名を持つ「あやかりタイ」の魚は数多くありますが、黒鯛は10種ほどしかない正真正銘のタイ科、真鯛の仲間です。

 

黒鯛の身は、透明感のある白身で血合いが赤く美しく、お刺身は真鯛のように綺麗な色合いで歯ごたえがあります。また、熱を通してもあまり硬く締まらないので、塩焼きや煮付け、ムニエルと加熱料理にも向きます。船上で一尾丸ごとお米と炊き込む「チヌ飯」も漁師めしとして有名です。

 

旬は秋から春と言われています。

 

旬の黒鯛、脂が乗っており、真鯛にも劣らない味と言われ、鍋を割ってでも食べたいという意味から「鍋割りチヌ」と称されるほどの美味しさです。

 

実際に、いただいた黒鯛をシンプルなお刺身と塩焼きで頂くと、黒鯛の美味しさが本当に良く分かりました。

 

黒鯛のお刺身は、タイ科ならではの歯ごたえと、上品な旨味、そして甘味を強く感じました贅沢でとても美味しいお刺身でした。

 

黒鯛の腹骨のあたりと尾びれ側は塩焼きに。

 

腹骨の周りの身は脂が乗ってとてもジューシー。脂が乗った身の甘味が塩焼きの塩でより引き立ち、絶品でした

 

尾びれ側の身も、しっとりふっくらとしており、上品な白身を堪能できました。

 

 

黒鯛のレシピ

 

お刺身を堪能した後、残った黒鯛のサクやお刺身の切り身は、お醤油とみりんで漬けにするのも美味しいですが、昆布締めにするのもおススメです。翌日も美味しい昆布締めのお刺身が味わえます

 

 

黒鯛の昆布締めレシピ

 

材料

黒鯛の切り身 1柵(もしくはお刺身にした切り身)

だし昆布 10cm×20cmを2枚

酢 50ml

水 50ml

酒 少々

塩 少々

作り方

 

①黒鯛のサクは皮を引き、両面に酒と塩を少々振り、約30分置きます。(切り身は①の過程をとばす)

②酢と水を合わせたところに昆布を浸し、20分ほど置きます。

③①の黒鯛の表面をキッチンペーパーで軽くふき、②の昆布ではさみ、ラップで空気が入らないようにぴったりと包んで冷蔵庫に入れます。

④半日~2日で出来上がりです(切り身は3時間ほどでも美味しくいただけます)。サクは好みの厚さにそぎ切りしてお召し上がりください。

 

切り身の場合は、1日以上昆布に挟んだままにしますと、切り身が黄ばんで見た目が悪くなるので、1日経ちましたら昆布は外してください。

 

短い時間の昆布締めですと、普段のお刺身にふんわりと昆布の香りが増したものに。長めに時間を置きますと、黒鯛の身が引き締まり、もっちりとした歯ごたえと、昆布の旨味が増していきます。
また、使用した昆布は、お吸い物の出汁としてもう一度活用することができます。

 

黒鯛のカルパッチョレシピ

 

①黒鯛のサクの皮を引き、薄切りにします。

②①をお皿に並べ、その上に冷水にさらし水を切ったレタス、薄く細切りにした玉ねぎやニンジン、ミニトマトなどを散らします。

③ボールに、オリーブオイル大さじ2、酢大さじ2、にんにくのすりおろし1片分、塩、ブラックペッパー(コショウでも)少々を混ぜ、②の上からかけます。手軽に家にあるサラダ用のドレッシングを使っても美味しいです。

 

野菜もたくさん取れる豪華なおかずが簡単に完成します。

 

 

まとめ

 

旬の黒鯛は、お魚ですがお肉のような食べ応えとジューシーさがありました。

 

「お魚は淡白で、育ち盛りの子どもには物足りないかな」と思わずに、シンプルに塩焼きにして頂いてみてください。

 

黒鯛の上品なジューシーさと、塩味が良く合い、子ども達も喜んで食べてくれました。

 

しっとりと柔らかい身は老若男女問わず好まれる味です。

 

お魚の脂は、お肉とは違い胃にもたれず、脳にも身体にも良いです。

 

もちろんお刺身や昆布締めは、上品で贅沢な、絶品の美味しさです。

 

また大きな黒鯛は、一尾でいくつもの料理を作ることができるのも嬉しいです。

 

和風に洋風にと、数日にわたって美味しい黒鯛をじっくりと味わうことができ、家族で幸せをいただきました。

 

はまかぜ通信さん、ありがとうございます。

 

フェイスブック

ツイッター

漁師さん出荷予定

THANK YOU! 漁師さん直送市場はプロの料理人も使用中です業務用会員数300店舗突破!出荷実績3,000件を突破! ありがとうございます

24時間受付/無料 会員登録はこちら→

今なら登録特典として
「季節のおすすめ魚介類 無料レポート」プレゼント中!

漁師さん直送市場の表示価格は全品税込・送料込の価格です