レシピ

レシピ

2019年07月14日 07時40分

カレイの秘密と冷凍方法、煮つけのレシピも教えます。

IMG_1782

和歌山県のはまかぜ通信さんから送って頂いた鮮魚セットの中に、大きなカレイがありました。

 

生まれた時はカレイは普通の魚!

 

 

カレイといえば片方に目が寄っていますが、生まれた時は普通の魚と同様に目は頭の左右に一つずつ付いていて、体も平たくありません。孵化後10日目ぐらいまでは普通の魚と同じように背びれを上にして泳いでいます。ところが体長10ミリ前後に成長すると眼の移動が始まり、約40日目には目が片側だけに定着します。そして、親と同じように海底生活を行う形になるそうです。

 

カレイとヒラメの見分け方

 

 

代表的な見分け方が「左ヒラメ右カレイ」と言われるように、お腹を手前にしたときに目が右側に来るのが「カレイ」、左側に来るのが「ヒラメ」という見分け方です。ところが実際にはヌマガレイのようにヒラメ側に目があるカレイもおり、成長の過程で反対側に目が移動する個体もあるそうで、一概にそうとも言えないようです。

 

一番の見分け方は「大口ヒラメ、小口カレイ」と言われるように、口の大きさで見分ける方法です。カレイはおちょぼ口で口が小さく、ヒラメは口も歯も大きいのが特徴です。

 

カレイのレシピ

 

 

透明感のある白身で、クセのない上品な味のカレイは、お刺身でも塩焼き、煮つけ、揚げ物にしても品のある料理に仕上がります。
また、カレイのお寿司は夏を代表する一品で、上品な旨味があり最高です。お寿司屋さんで食べるとお値段もかかり少ししか食べられませんが、自分でさばくとたくさん作ることができ、たっぷりと堪能できます。

 

また、大きなものですと1尾でお刺身に、煮つけにと2品作ることができます。

 

 

カレイの煮つけ(2人分)

 

①カレイは水洗いし、キッチンペーパーではさんで水気を取り、黒い皮目の方に十文字などの切り込みを入れる。

②鍋に、水100㎖、酒大さじ4、みりん大さじ2、砂糖大さじ2、しょうゆ大さじ2を入れて、強火で沸騰させる。

③沸騰したらカレイの黒い皮目を上にして、重ならないようにカレイを並べる。落とし蓋をして中火で10分~12分煮る。

④火を消してそのまま10分ほど味を馴染ませて完成です。

 

カレイの栄養

 

 

栄養面では、高たんぱく、低脂肪の魚で、タウリン、ビタミンB1・B2・Dが豊富です。消化も良いので離乳食として、また、年配の方の食事や病人食にも最適です。豊富なビタミンがストレスを解消し、ヒレの付け根のコラーゲンが美肌づくりに効果的です。

 

カレイの冷凍方法

 

 

①ウロコを取り、内臓とエラを取ったカレイを水で洗う。

②塩を軽く振り、ラップにくるみ、更にジップロップなどの袋に入れて冷凍庫へ。

③解凍の際は、冷蔵庫に4時間以上おき、ゆっくりと解凍すると水分が出ずに味が落ちにくいです。

煮つけにして冷凍する際も2重で袋に入れると味が落ちにくく、1週間は保存できます。

 

 

フェイスブック

ツイッター

漁師さん出荷予定

THANK YOU! 漁師さん直送市場はプロの料理人も使用中です業務用会員数300店舗突破!出荷実績3,000件を突破! ありがとうございます

24時間受付/無料 会員登録はこちら→

今なら登録特典として
「季節のおすすめ魚介類 無料レポート」プレゼント中!

漁師さん直送市場の表示価格は全品税込・送料込の価格です