豆知識

豆知識

2016年07月23日 22時19分

毛ガニ

IMG_5391

梅雨が明け夏本番になってきた先日、活きた毛ガニを頂く機会がありました。

身が甘く、とても美味しい毛ガニでした。毛ガニといえば冬のイメージだったので不思議に思い調べてみました。

毛ガニの旬は、獲れる港でも違っていて、獲れる時期がその地域の旬になるそうです。

そして、春先に獲れる毛ガニを「若ガニ」と言い、若ガニは脱皮したてで、身入りが少なくミソも少ないのですが、毛ガニ通の方は、価格も安く、殻も柔らかく、身の甘みが最高の若ガニを好むこともあるそうです。若ガニは夏から秋にかけては身入りが良くカニミソも楽しめる「堅(かた)がに」と呼ばれるものになります。一般的に好まれるのはこちらの「堅ガニ」です。そして初冬から年末には、寒さから身を守るために毛ガニも脂乗りが良くなるそうです。

冷凍でない活きた毛ガニも年中味わうことができたんですね!

かに身の赤い色はアスタキサンチンという色素ですが、これはβ-カロテンやリコピンなどと同じくカロテノイドの一種で高い抗酸化作用を持ち、血管を健康に保ったり、免疫力を高める効果があるとされています。美味しいですし、栄養もある新鮮ないろんな種類のカニを、1年を通して味わえる、島国の日本と漁師さんに感謝です。

 

フェイスブック

ツイッター

漁師さん出荷予定

THANK YOU! 漁師さん直送市場はプロの料理人も使用中です業務用会員数300店舗突破!出荷実績3,000件を突破! ありがとうございます

24時間受付/無料 会員登録はこちら→

今なら登録特典として
「季節のおすすめ魚介類 無料レポート」プレゼント中!

漁師さん直送市場の表示価格は全品税込・送料込の価格です