レシピ

レシピ

2014年10月10日 23時37分

小さなメイタガレイの唐揚げ。骨まで食べられ美味しい。


メイタガレイは目が突出していて、目と目の間には棘のような骨盤があり愛嬌のある顔です。
目と目の間に板のような棘がある事などが名前の由来のようです。

小さなメイタガレイは観音開きにして姿揚げにすると、
骨までバリバリ食べられ、こどもにも好評です。

1. カレイを金タワシでゴシゴシ擦り、ぬめりなどを落とします。

2. エラの後ろあたりに包丁を入れて内臓を出します。

3. 表・裏ともに、中央の骨に沿って包丁を入れ、エンガワの方向に身を開いていきます。
  ★(観音開き)骨が見えるまで開くことで、油で揚げた時に骨までバリバリになります。

4. カレイに塩コショウをした後、片栗粉をまぶします。

5. 数分揚げれば、骨までカラッと揚がった姿揚げの完成です。

 

フェイスブック

ツイッター

漁師さん出荷予定

THANK YOU! 漁師さん直送市場はプロの料理人も使用中です業務用会員数300店舗突破!出荷実績3,000件を突破! ありがとうございます

24時間受付/無料 会員登録はこちら→

今なら登録特典として
「季節のおすすめ魚介類 無料レポート」プレゼント中!

漁師さん直送市場の表示価格は全品税込・送料込の価格です