豆知識

豆知識

2014年10月04日 23時05分

ハモはDHAとEPAが豊富。



厚生労働省「日本人の食事摂取基準」によると、DHAとEPAの合計目標摂取量を1日1g以上としています。ハモに含まれるDHAとEPAの合計値は100gあたり約0.8g(DHA0.6g、EPA0.2g)とされていますので、1食で100g食べるとすると、それだけでかなりの量を取得できる事になります。

DHAやEPAは健康によい不飽和脂肪酸として有名ですね。

■DHAの効能
 ・学習能力・記憶力の向上
 ・視力の回復効果
 ・ガンの予防

■EPAの効能
 ・血液をサラサラに。
 ・高血圧を改善
 ・中世脂肪を下げる

■DHA・EPA共通の効能
 ・血中コレステロール低下
 ・生理痛・アレルギー症状の緩和
 ・精神の安定

そんな健康に良いハモですが、旬は夏と秋の2回あります。「ハモは梅雨の水を飲んで育つ」と言われるように、夏の産卵期に向けて入梅時から脂が乗り始めおいしくなり、湯引き・天ぷらなどでおいしくお召し上がり頂けます。産卵を終えた秋にハモは体力を回復し、食欲が増し脂が乗り、「金ハモ」「松茸ハモ」「名残ハモ」などとも呼ばれ、鍋などでも楽しんで頂けます。

 

フェイスブック

ツイッター

漁師さん出荷予定

THANK YOU! 漁師さん直送市場はプロの料理人も使用中です業務用会員数300店舗突破!出荷実績3,000件を突破! ありがとうございます

24時間受付/無料 会員登録はこちら→

今なら登録特典として
「季節のおすすめ魚介類 無料レポート」プレゼント中!

漁師さん直送市場の表示価格は全品税込・送料込の価格です