豆知識

豆知識

2016年10月22日 16時55分

サゴシ

IMG_6762

平木屋さんから新鮮なサゴシを送って頂きました!

サゴシは成長とともに名前が変わる出世魚です。
一般的に体長40~50cmの若魚をサゴシ、60cmまでをナギ、それ以上をサワラと呼ぶそうです。

サワラの漢字は魚偏に春で「鰆」と書き、これは春に産卵のために沿岸へ寄るので人目に付きやすいことから、「春を告げる魚」というのが字源となったと言われています。漢字から春が旬の魚とイメージされていますが、秋・冬は脂が乗っていてそれもまた大変美味しいです。

調べてみるとサワラに関しては、関東は寒鰆を好み、塩焼きと西京漬けが中心で、関西は春鰆を好み、刺身、照り焼き、塩焼き、西京漬け、かぶら蒸し、押し寿司など、食べ方も多いとされているようです。サゴシもサワラも産卵後の夏場を除き、春秋冬それぞれの味わいがあり、ほぼ年中美味しい魚と言われています。

身が軟らかく身割れし易いため、一般家庭での刺身は昆布締めにしたり、皮を付けたままで皮を炙ると造りを作りやすいそうです。味わいはクセがなくほろっとした甘みがあり、脂が乗っている今の時期はとろりとした上品な味わいが加わります。この度は天ぷらで頂きましたが、身はふんわりしっとり柔らかくて旨味があり絶品でした!

またサゴシやサワラは、餌がサンマやイワシのためかEPAやDHAが非常に多く、DHAはサンマより多いそうです。美味しく栄養もとれるサゴシはこの時期よく水揚げされます。よろしければ一度ご賞味下さい。

 

フェイスブック

ツイッター

漁師さん出荷予定

THANK YOU! 漁師さん直送市場はプロの料理人も使用中です業務用会員数300店舗突破!出荷実績3,000件を突破! ありがとうございます

24時間受付/無料 会員登録はこちら→

今なら登録特典として
「季節のおすすめ魚介類 無料レポート」プレゼント中!

漁師さん直送市場の表示価格は全品税込・送料込の価格です