レシピ

レシピ

2015年12月16日 23時24分

皮・胃袋・浮袋・白子・卵・骨、全てを味わえるスズキ!レシピ

103890

日本各地に分布し、成長するにつれて呼び名が変わる出世魚のスズキ。

一般的に生まれたてをコッパ、関東では古くから1年魚をセイゴ、2年魚をフッコ、3年以上をスズキと呼んでいます。

旬は夏ですが、産卵期を控えた秋冬の腹太も脂が乗って美味と言われています。

栄養面ではエネルギー代謝を促進するビタミンB1や、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが含まれています。

スズキは皮や胃袋、浮袋、白子(精巣)、卵、骨とすべてを味わうことができる魚です。

身は、京都や大阪で昔から「洗い」と言われてきた、刺身を冷水に入れ、身が半透明の白っぽくなってから引き揚げ食べる方法が有名です。

普通に刺身で食べるのと比べてみる楽しさもあります。

皮と白子は一瞬だけ湯引いて冷水にとる。浮袋と胃袋は1分ほど煮てから冷水に。胃袋と皮はポン酢で食べるのもお勧めです。

浮袋、白子は刺身や洗いと一緒に刺身醤油でどうぞ。

卵は煮つけにしても美味しいです。骨からは良い出汁がでるので是非お吸い物に。

ただ、スズキをさばくのは、アジなどに比べるとやや難易度が高く、板前さんでもおろすのに失敗することもあるそうです。

身に弾力があり、骨が固くて独特の構造をしていること、背の肉にある「わかれ身」がくっきりしており身が分かれてしまいやすいことが難しい原因です。

だからこそ、スズキを綺麗にさばけるようになれば魚のおろしをマスターした、と胸を張って言えます。

余すことなく食べられるスズキと、魚おろしマスターを目指して、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

そんなスズキが水揚げされているのは以下の漁師さんです。

水揚げがない日もありますが、あれば鮮魚セットに入れてもらえますので、

ご希望の方は注文画面の備考欄に「スズキがあれば希望します」と記載下さい。

・石川県七尾市 鹿渡島定置さん

・島根県松江市 平木屋定置網さん

・兵庫県明石市 海蓮丸さん

 

フェイスブック

ツイッター

漁師さん出荷予定

THANK YOU! 漁師さん直送市場はプロの料理人も使用中です業務用会員数300店舗突破!出荷実績3,000件を突破! ありがとうございます

24時間受付/無料 会員登録はこちら→

今なら登録特典として
「季節のおすすめ魚介類 無料レポート」プレゼント中!

漁師さん直送市場の表示価格は全品税込・送料込の価格です