豆知識

豆知識

2017年02月25日 07時16分

甘えび

IMG_7680

石川県漁協西海支所さんから甘えびを送って頂きました。

 

石川県漁協西海支所さんは能登半島にあり、日本海側で荒海に挑む雄々しい外浦、鏡のように静かで穏やかな景観の内浦からなり、暖水性から冷水性まで幅広い魚が生息できる豊かな漁場で漁をされています。ですので石川県漁協西海支所さんでは幅広い魚に加えて春夏は紅ズワイガニ、秋冬はズワイガニに甘えびと、四季に応じて味覚を楽しむことができます。

 

甘えびは、北陸から北の日本海にかけて、200~500mの水の深さの深海に生息しています。甘えびとは正式にはホッコクアカエビ(北国赤海老)といい、甲が柔らかいので剥きやすく、生で食べるととろけるような甘みがあり、この事から広く一般的に「アマエビ」と呼ばれる所以になっています。さっそく甲を剥いて頂くと、トロリとしつつもプリッとした食感があり、同時に口の中に甘さが広がり、とても美味しかったです。

 

旬の時期は、秋から冬にかけての卵をたっぷり抱えた時期が1番甘味があり美味しいそうです。
タウリンが多く含まれ「脳卒中」、「高血圧」、「心臓病」などの成人病予防として効果があると言われています。また甘エビの甘味は脂肪によるものではなく、たんぱく質に含まれるグリシンやアラニンなどのアミノ酸なので、高タンパクかつ低脂肪で、美味しく体に嬉しい食材です。

 

 

 

フェイスブック

ツイッター

漁師さん出荷予定

THANK YOU! 漁師さん直送市場はプロの料理人も使用中です業務用会員数300店舗突破!出荷実績3,000件を突破! ありがとうございます

24時間受付/無料 会員登録はこちら→

今なら登録特典として
「季節のおすすめ魚介類 無料レポート」プレゼント中!

漁師さん直送市場の表示価格は全品税込・送料込の価格です