豆知識

豆知識

2018年01月28日 09時29分

広島県の生食OK◎カキ小町

IMG_9611IMG_9613

広島県東広島市安芸津にある本庄水産さんから生食ができる牡蠣、「カキ小町」を送って頂きました。

 

カキ小町は、広島県栽培漁業協会と広島県立水産海洋技術センターが、二倍体牡蠣(通常の牡蠣)の品種改良を行い開発した「産卵しない牡蠣」であり、「三倍体牡蠣」にあたります。この三倍体牡蠣の最大の利点は1年を通して安定して美味しく食べられることです。三倍体牡蠣は産卵をしないので、産卵に費やすエネルギーがすべて身入りや殻の成長に回り、通年身入りが良く、夏でも大変美味しく食べられる牡蠣となっています。三倍体牡蠣は全国でも広島県でしか生産することができない(特許のため)極めて希少な牡蠣で、カキ小町は広島のブランド牡蠣として名が広がってきています。

 

この度送って頂いたのはSサイズだったのですが、Sサイズとは思えない殻の大きさと身入りの良さに驚きました。生食OKの牡蠣で、さっそくポン酢をかけて贅沢にも大きな口で一気にパクリ。プルンプルンの舌触りと、もっちりとした噛み応え、臭みがなく旨味が凝縮された味で、思わずうなる美味しさでした。消費期限も3日後であり、牡蠣のお刺身から、牡蠣のグリル焼き、牡蠣パスタに牡蠣フライと、ぷりぷりの大きな身の牡蠣をたっぷりと堪能させて頂きました。

 

フェイスブック

ツイッター

漁師さん出荷予定

THANK YOU! 漁師さん直送市場はプロの料理人も使用中です業務用会員数300店舗突破!出荷実績3,000件を突破! ありがとうございます

24時間受付/無料 会員登録はこちら→

今なら登録特典として
「季節のおすすめ魚介類 無料レポート」プレゼント中!

漁師さん直送市場の表示価格は全品税込・送料込の価格です